基礎から学ぶテクニカル教室

本来の使われ方がされていないボリンジャーバンド

FXトレードを行う際のチャートに、ボリンジャーバンドを表示させている方が多くいます。ボリンジャーバンドはバンドの幅の内部に相場が留まる可能性が高い、と言われていることから、外側のバンドへのタッチを逆張りのサインとして利用のトレーダーが多いようです。

確かに外側のバンドにレートが触れると相場が反転するケースもありますが、逆にレートがバンドの外側に出るのを機に、一気に相場が伸びるケースも頻発します。よってボリンジャーバンドの逆張りは、軽い気持ちで行うと大怪我する可能性があります。

実はボリンジャーバンドは、本来逆張りの指標として開発された訳ではありません。ボリンジャーバンドの開発者である、ジョン・ボリンジャー氏は、ボリンジャーバンドの利用方法を、相場のボラティリティを計測するために開発した、とその著書で述べています。よってバンドを利用しての逆張りは、その後にボリンジャー氏以外の方により開発された手法となります。

相場の面白い所は、本来の意味合いとは異なっても、多くの人が誤った認識の下で行動するとその行動が正当化される面がある部分。ボリンジャーバンドはまさに、その代表例的存在となっています。

もしボリンジャーバンドの逆張りがうまく行かず悩んでいるようなら、本来の利用方法を探ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. FXの売買手法

    トレンドの転換を判断する方法

    【トレンドの転換を判断する方法】■トレンドの重要性■ 為替相場…

  2. 投資

    半値トレード(東京時間) 大切なのは予測ではない!相場のやり方

    半値トレード(東京時間) 大切なのは予測ではない!相場のやり方。〜…

  3. FX・バイナリーのヒント

    情報があってもFXでは勝てないが、知らないと話にならない事がある

    為替市場の情報をたくさん集めても、FXトレードで必ず勝てる訳ではありま…

  4. FX・バイナリーのヒント

    トレード技術以外の大切なもの

    FXで勝てる手法さえ身に付ければ、常勝トレーダーの仲間入り?、初心者の…

  5. 基礎から学ぶテクニカル教室

    週足のサポート&レジスタンスは最低限確認しましょう

    サポート&レジスタンス(以下、サポレジ)、と聞くと、ラインを引くのが面…

  6. FX・バイナリーのヒント

    一度入れた損切注文をずらしてはいけない

    トレードしていて、損切が近くなると、もう少しだけ許して、と損切の位置を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金を増やす方法

    バリュー投資を行う
  2. お金を増やした後に

    汗の漢方療法
  3. 仮想通貨

    仮想通貨の基盤技術、ブロックチェーンとは
  4. バイナリーオプション攻略

    バイナリーオプションとは
  5. お金を増やす方法

    無知を知る
PAGE TOP