お金を増やした後に

ワキガと腋窩多汗の局所的治療

第10章 ワキガと腋窩多汗の局所的治療

ワキガのニオイの発生原因は、
一般的には腋窩のアポクリン腺からの汗と
皮下腺からの皮脂が、
皮膚表面の細菌と混ざりあってワキガ臭となり、
さらに腋窩の毛がそのニオイを発散させる役割を
している、と言われています。

したがって、ワキガ治療にあたっては、
次の4つの項目を目標にすることになります。

①アポクリン腋と腋倫腺の汗を出さないように
する
②皮脂腺の皮脂を出さないようにする
③皮膚の細菌の繁殖を防ぐ
④脱毛する

完全な治療法とは、以上の4項目がすべて
満たされていなければなりません。

しかし、体臭の強弱もあり、
脱毛するだけである程度効果が得られる
こともあります。

また「梅雨時だけでもにおわないようにしたい」
とか、「明日のデートの時だけでも」と、
一時的な効果でもよいと言う場合もあります。

そういう場合には、一時的に効果のある治療法の
中から、自分に適したものを選ぶとよいでしょう。

■局所薬物療法

最も簡単な方法は、腋窩の皮膚に軟膏や
スプレーをしみこませる方法で、
発汗を減少させることを目的とした制汗剤と、
細菌の繁殖を抑える雑菌剤があります。

制汗剤とは、腋窩の皮下の血管を収縮させる
ことによって発汗を抑えようとするもので、
よく用いられる薬剤としては、
焼きミョウバンやホウ酸末があります。

これらは、薬局で市販されているもので
十分です。

冤罪は、各薬品メーカーから制汗剤が数え
切れないほど発売されています。

また、ローション、パウダー、スティックなどの
形で、様々な脱臭化粧品も製造されています。

これらの薬物療法は、比較的危険も少なく、
安価に、しかも手軽に手に入れられるため、
多くの人が使用しています。

クリニックに行く患者さんも、
ほとんどの人がこれらの薬剤を使用した経験が
あります。

ここで、これらの薬剤、脱臭化粧品を使用する
上で注意しなければならない点を2、3あげて
おきます。

まず、これらの薬剤や脱臭化粧品は、
本来一時的な効果を上げるためのものであって、
長期にわたって使用していると、
薬剤性皮膚炎やかぶれ、乾皮症などを
きたすことがあります。

次に、これらは比較的軽度のワキガの場合には
有効ですが、
明らかなワキガ体質の人が使用すると、
体臭と化粧品のニオイがプレンドされて、
周りの人にとってはいっそう不快なニオイとして
感じられることも多いので、
注意したいものです。

■ボトックス治療

最近、ボツリヌス毒素Aを腋窩の皮下に注入する
療法が注目されています。

これも一時的に効果のある療法です。

自律訓練法はかなりの時間がかかりますので、
もっと簡単に抑えたいというのであれば、
この「ボトックス」の注射も選択肢のひとつです。

ボトックス治療はワキガ型多汗にはあまり効果が
ありませんが、精神性発汗型には非常に効果が
あります。

●ボトックスが効くメカニズム

ボツリヌス毒素Aの多汗症への応用例については、
1999年のファッケル教授の報告で知りました。

様々な文献を取り寄せると、ボツリヌス毒素Aは、
1977年に米国のスコットが、斜視に対して
臨床応用し、しだいに眼瞼痙攣、片側顔面けいれん、
痙性斜頚などにも用いられるようになったことが
わかりました。

そして、その作用機序は、ボツリヌス菌の神経毒の
作用、つまり神経の末端に結合して、
そこから分泌されるアセチルコリンの放出を
阻害することで、
筋肉の付随運動を抑制するものであることが
わかりました。

でもなぜ発汗も減少させるのでしょうか。

実は交感神経の末端で発汗を促進させて
いるのが、
このアセチルコリンという伝達物質なのです。

通常、交感神経末端から分泌されるのは、
アドレナリンです。

しかし汗腺に対しては、例外的に交感神経から
アセチルコリンが分泌されるのです。

ですから、アセチルコリンを抑制するボツリヌス毒素
を多汗症の治療に応用しようと考えるのは当然の
ことなのです。

ボトックスの液か多汗症への応用は、
どの程度の量を注入すると、
副作用を生じない範囲で、
どの程度の減汗効果があるのか、
という基本的な医学的検証がまだなされていない
分野でしたので、クリニックでモニター期間を
含め約2年間治験を行いました。

結論を言いますと、ボトックスは減汗効果が
ありました。

注射後約 1 週間後にお近くの方には検診に
来ていただき、
遠方の方には電話で経過報告をしていただいた
のですが、7割くらいの人が「70%から80%
程度減少した」と返答しています。
中には「ほとんどかかなくなった」と答えた人も
いました。

「幾分減ったかな?」という程度の人も中にはいて、
人により効果に差が見られますが、
全体的には「満足できる」方法と断定しても
よいでしょう。

効果のある人は、注射の翌日から効き始める
ようです。

だいたい3日目くらいから効果が現れる人が
多いようです。

●ボトックスは精神性発汗に特に効果がある

効果の持続期間については、従来、3~4か月間
くらいということでしたが、
注射の部位の工夫で半年以上持続することも
わかりました。

理論的にはボトックスは半年くらいで交感神経
末端から外れて、体外に排泄されてしまいますので、
その後は再び汗をかきはじめる「はず」です。

ところが驚いたことに、この「はず」が来ない人が
いたのです。

実際に、クリニックの統計では、
半数近くの人が6か月を過ぎても汗が減少して
いるか、以前よりあきらかにすくないままだったの
です。

つまり1回の注射で多汗症が「治癒」する可能性も
あるのです。

これは、ボトックスによる汗の減少という実体験を
通じて、
「また汗をかくのではないか」と汗を予想する
不安が、
「注射をすればいつでも汗をかくのではないか」
と汗を予想する不安が、
「注射をすればいつでも汗は抑えられるのだ」
という自信に変わったからです。

そのような自信が、汗以外の何か違う価値へ
意識を向かわせ、さらに予期不安が減少する
という好循環をもたらしたのです。

一種のロゴセラピー様の結果を招いたともいえる
でしょう。

もちろん、これはすべての人に当てはまるわけ
ではありません。

内向的で物事にこだわる人は、
物理的な効果期間がなくなると再び汗がでて、
もう一度注射が必要となります。

しかし、それでも前回より少ない量で同じ
減汗効果が得られるようです。

また、これまで報告されていた腕の重量感や
しびれ等の症状についても、
注射の量と注射部位によりかなり改善される
ことがわかりました。

皮下ではなく皮膚真皮下層に注入することで、
より少ない量で大きい効果が期待できます。

「ボトックス」というのはアメリカのアラガン社の
商品名ですが、このアラガン社製のものでは、
そのような症状が少ないこともわかりました。

同様の製品で、安価なものの中には、
ゼラチン等の不純物が含まれているものがある、
という話もあります。

ボトックス注射でそのような症状があったという
方は、そういう製品を使用している病院で
治療を受けた可能性も否定できません。

クリニックでは、安全を優先して、アラガン社製の
ものを使用することにしました。

しかし、どの製品を使用するにしても、
ボトックスの効果と症状は、人により非常に
異なるため、まず片方のワキで少量から始めて、
効果と症状を十分観察してから、
両腕に増量して行う、といった使用法の工夫が
必要でしょう。

以上のように、患者さん本人に対する安全性は
確認されていますが、妊婦の胎児に対する
安全性はまだ確立していませんので、
半年先までに妊娠の可能性がある女性は、
ボトックスの注射は避けて、
出産してから治療を受けるのがよいでしょう。

■手術を受ける前に

手術療法は、一時的な方法に比べて、
効果が持続するという意味で根治的な方法と
いえます。

ではワキガで悩んでいる人は全員手術すべきか、
といえば、そうとは言い切れません。

同じようにワキガに悩んでいる人でも、
個人個人の性格や体質、悩みの程度、
環境、どのようになりたいかという要求内容、
どの程度治りたいかという要求水準などに
個人差があるので、当然、治療法も違って
しかるべきなのです。

●ワキガでも手術の必要がない場合もある

例をあげて説明しましょう。

近々結婚するのだが、ワキガ体質なので根治的に
手術で治してほしい、
と来院した女性がいます。

彼女の家族はみなワキガ体質だといいます。

彼女も他覚的には中程度のワキガ体質で、
一応手術の適応となります。

しかし、「結婚のために」という動機だったので、
いくつかの点を確認させてもらいました。

まず、本人がどの程度悩んでいるのか、
どの程度の劣等感を感じているか、
ということです。

彼女の場合は、深刻に悩んでいるわけでは
ありませんが、今度結婚するのでできれば
治したい、ということでした。

そこで、相手の過程にワキガ傾向があるかどうか
尋ねますと、そういうことはないようだ、
ということでした。

この場合には、彼女の希望にしたがって、
手術療法を選択することになります。

しかし仮に、相手の過程にもワキガ体質の
傾向があるとしたら、彼女程度の悩みとニオイ
からすると、
手術療法よりも薬物療法やこの後説明する
絶縁針電気凝固法で十分です。

むしろ、何の治療もせず、
「嗅覚には疲労と順応という性質があり、
ワキガ体質者の家族は、長年の生活で
そのニオイに慣れているので、
あなたの体臭も相手の家族にとってはさほど
気にならないだろう」とアドバイスするだけで、
悩みが解決することも多いのです。

本当はワキガではないにもかかわらず、
「自分のワキガのニオイで人に嫌われている」
と思い込み、悩んでいる人についても、
手術では悩みは決して解消されません。

こういう人が意外に多いのです。
この場合の正しい治療法とは、
悩む人の話に耳を傾けるカウンセリングであり、
対人関係にまで及んだ人間関係の悩みを
人間関係によって癒すようなアドバイスです。

●手術が人生の危機を救う場合もある

逆のケースもあります。

強いワキガ体質の女性が、自分の家族は
全員が同様の体臭だったために、
自分のニオイがまったく気にしていなかったが、
新婚初夜に夫から体臭を指摘され、
初めて自分がワキガであることを知り、
夫婦の関係がうまくいかなくなってしまった、
という例もあります。

さらに悲惨な例としては、
ワキガが原因で毎日のように姑にいびられている、
と泣いて相談に来られた若い主婦もいました。

これらの場合には、無条件で手術の適応と
なるでしょう。

今後何十年も続くかもしれない不幸な状況を
考えれば、たった1時間の根治的な手術を
受けることは、とても意義のあることです。

●手術の前のカウンセリングの重要性

医師は治療の前に、時間をかけて問診を行い、
患者さんの訴えをよく聞き、
その要求内容を十分に理解し、
生活や体質も十分に把握した上で、
良心にしたがって、正しいレールを敷いてあげる
べきです。

医師が患者さんの状況を客観的に理解しようと
努めることで、医師と患者さんの間の信頼関係も
生まれます。

治療にあたっては、医師と患者さんの信頼関係が
非常に大切です。

次に、治療に入る前に、選んだ治療法が
どのようなもので、
どういう効果や結果をもたらすのかを、
患者さんに正確に伝える必要があります。

これを怠ると、患者さんが手術後に十分な
満足感が得られない場合が出てきます。

たとえば、手術で腋窩多汗を治療する場合、
患者さんによって術後の効果にかなりの開きが
出ます。

明らかなワキガ体質の人であれば70~90%の
減汗効果が得られますが、
精神的発汗の場合にはおおよそ50%程度の
減汗となります。

また、同じ70%の減汗でも、
人によって受け止め方が違い、
十分満足する人もいれば、
そうでない人もいます。

そうしたことをあらかじめよく説明して、
得られるであろう効果について、
本人が納得した上で手術をしなければ
なりません。

■直視下剥離法

ワキガの手術には様々なものがありますが、
ここでは、クリニックで行われている直視下剥離法
についてお話しします。

ワキガを完全に治すには、
ワキガの原因となるアポクリン腺を完全に
取り除く必要があります。

問題は、アポクリン腺を腺根まで含めて完全に
取り除いたか否かを、
どうやって手術中に確認するか、
ということです。

最も確実な方法は、手術する医師がその目で
直に確認することです。

幸いなことに、脇の下のアポクリン腺は、
イクラの粒のようで、その存在を一粒一粒
はっきり確認できます。

皮脂腺は「剥離法」では、鳥肌のように
ブツブツと膨張してくることがわかります。

毛根にいたっては、皮膚科の教科書の図のように
はっきりしています。

自分の目で確認しながら摘出していくなら、
アポクリン腺や皮脂腺を1つ残らず、
最後の1粒まで完全に取り除くことは
容易なのです。

この「直視下剥離法」の「直視下」とは、
直に視ながら摘出を行うことを意味しています。

従来の摘出方法では、アポクリン腺を取る際に、
よけいな皮膚や脂肪層も同時に取れてしまったり、
逆に肝心のアポクリン腺が残ってしまうことが
しばしばでした。

そこで摘出の前処置として、皮膚および脂肪層と、
アポクリン腺層を丁寧に「剥離する」方法を
考案しました。

脂肪層とアポクリン腺の層は薄い膜で区切られて
いるため、きれいに剥離でき、
上手に剥離すると出血も少なくてすみます。

皮膚を反転するとアポクリン腺の層がきれいに
露出するので、今度は皮膚とアポクリン腺層の
剥離を行います。

アポクリン腺は腺体と腺根からなります。

腺体の一部はやわらかいので機械で吸引できる
場合がありますが、
腺根は硬い真皮層に入り込んでいるため、
鋭利なハサミによって剥離しなければ完全に
摘出できません。

腺根が一部でも残ると、
将来アポクリン腺が再生します。

腺根を含んだ真皮層を均等に削除する剥離法
であれば、
同時にエクリン腺の一部まで削除でき、
減汗効果をいっそう高めることができます。

さらに、剥離時に皮脂腺も自然に浮き上がって
くるため、
そのすべてを摘出することも可能です。

皮下の血管網は脂肪層に多いのですが、
剥離してから摘出を行えば、
出血も最小限に抑えられます。

たとえ出血しても、出血点がはっきり確認
できるため、止血がスムーズにできます。

術後の血腫形成の心配がないため、
入院して血腫ができているか確かめる必要も
ありません。

一般には、手術が終わって切開部を縫合する際、
皮膚を自然に生着させるため、
対オーバー法で圧迫固定を行います。
しかし、これは皮膚の上にガーゼを乗せて
いるだけの固定法なので、
絶えず動く部位であるワキの下に用いると、
十分な固定法が得られません。

しかし、タイオーバーをワキの下に埋め込む
固定法「埋没式タイオーバー法」では、
肩が動いてもガーゼはズレないので、
術後すぐに仕事をしても大丈夫です。

■小林式絶縁針電気凝固法

一口に「ワキガ」といっても、
すべての人が同じ症状ではなくて、
人によって、その悩みの内容も程度も
異なっているのは当然です。

私たち医師に期待されるのは、
それらの悩みの解決です。

今までのワキガ治療で反省しなければ
ならない点は、患者さんのニーズに合わせた
治療法を選択しなければならない、
ということになろうと思います。

ワキガの患者さんは、軽度のものから
強い体臭をもつものまで、実に様々です。
患者さんの多くは、ワキガと同時に腋窩の
多汗にも悩んでいますが、
中には「汗よりニオイの方を先に治したい」
とか「手術で傷をつけたくない」とか
「永久脱毛もしてもらえた方がいい」
などという人もいます。

このような人は、手術よりも電気凝固法の
方が治療法として適していると思われます。
●小林式絶縁針電気凝固法の特徴

電気凝固法とは細い電極針をワキ毛の
1 本 1 本に刺し、
高周波電流を通して組織を熱凝固させる
ものです。

もともとは脱毛法として考案されたものですが、
皮脂腺やアポクリン腺も熱凝固で破壊されれば、
ワキガ臭に対しても効果があります。

ただし、従来の方法では皮下約1~2ミリ程度しか
刺入できず、熱凝固も不十分でした。

この問題点を改良した小林式絶縁針は、
以前の脱毛針よりも長く、
皮膚面から下約1ミリを絶縁しています。

全体を長くして、上部に絶縁体を設けて、
皮膚への保護機能を加えたため、
従来よりもはるかに長い通電時間と強い電圧、
そして不快刺入深度の3つの特徴をもつことが
できました。

何度も説明したように、
ワキガはアポクリン腺の汗と皮脂腺の皮脂に
細菌が作用して悪臭となり、
エクリン腺の汗で薄められ、
ワキ毛を通じて広く拡散されるものと考えられます。

電気凝固法がワキガに対して効果を示す要因は、
まず第一に、永久脱毛を行うことによって、
細菌の温床が減少し、ニオイの保存および
拡散作用が減少することです。

このことだけでも、ある程度ワキガの減少効果が
期待できます。

第二に、3~5ミリという従来の脱毛針より
長い針を使用することによって、
また従来より長時間通電し、
強い電圧を加えることによって、
毛乳頭ばかりでなく、
毛乳頭周囲のアポクリン腺まで破壊できる
十分な燃焼が可能になったことです。

まず小林式絶縁針で電気凝固した後に、
直視下剥離法の手術を行って摘出した
アポクリン腺の組織を見ると、
正常組織とは著しく変質していることが
確認されます。

この電気凝固法を行うだけでも、
ある程度のアポクリン腺は回効果が
あることがわかります。

第三が、平均的な皮膚の厚さであれば、
皮下約1ミリの絶縁部分の直下は、
ちょうど皮脂腺の開口部にあたるので、
皮脂腺の破壊もある程度可能なことです。

以上のように、ワキ毛、アポクリン腺、
皮脂腺というワキガ発生の3条件を取り除くことで、
ワキガ臭は減少するものと思われます。

●電気凝固法の多汗への効果

さて、小林式絶縁針による電気凝固法で、
ある程度ワキガ臭が減少することがわかりました。

では腋窩多汗はどうか、
という問題が残ります。

この点に関しては、クリニックで行なわれた
ワキ毛脱毛後の患者さん約50名のアンケートが
参考になります。

このアンケートによれば、
ワキガ臭については、
ほとんどの患者さんが、4~5回の脱毛後
「半分程度減少した」と答えています。

しかし腋窩多汗については「ほんの少し
減少した」と回答している方が多かったのです。

このアンケートから客観的な結論を求めるなら、
絶縁針電気凝固法によって、
ワキ毛を永久脱毛すると
「多汗に対する効果は少ないが、
ワキガ臭はある程度減少する」
ということがいえます。

多汗が手術法ほどに減少しない原因は、
アポクリン腺機能の破壊効果が、
手術法に比べて弱いこともありますが、
主にエクリン腺が破壊されていないことを
意味しているのです。

エクリン腺は、毛穴に一致して開口してはおらず、
皮膚の真皮近くに散在しているため、
脱毛を目的にした毛穴への針の刺入では、
エクリン腺はあまり破壊されないのです。

●スソワキガの治療にも応用できる

俗にスソワキガといわれるものは、
陰部有毛部に存在するアポクリン腺から
生じる体臭の一種で、
基本的な発生メカニズムは腋窩のワキガ臭と
同じです。

アポクリン腺は現代人には腋窩部、外耳道、
乳輪周辺などに局在していますが、
そのほとんどは腋窩部に集中しています。

まれに陰部有毛部にも比較的多量に存在
することがあります。

その場合、陰部周辺から独特の体臭を発する
こともあります。

しかし、スソワキガではないかと悩んで相談に
来院する患者さんのほとんどが、
自己臭症に属するタイプで、
外科的治療の対象にはなりません。

ただ、試験切開で腋窩部と陰毛部に多量の
アポクリン腺があることを確認し、
なおかつ本人が治療を強く希望する場合は、
腋窩のワキガと同様に、
アポクリン腺を摘出する手術が行われる
ことがあります。

ここで問題なのは、手術療法でスソワキガが
治ったとしても、
同時に毛根も除去されてしまうために、
術後に「脱毛」という新たな悩みが生じて
しまうことです。

そこで、第二の方法として、絶縁針による
凝固法を行うこともあります。

スソワキガの場合には、通常の電気凝固法と
この後述べるX針を用いた電気凝固法を
併用します。

X針電気凝固法は脱毛されないという特徴が
ありますので、
脱毛されたくない患者さんに対しては、
X針電気凝固法を主に用いることになります。

それに患者さんの欲求に十分対応できるのです。

■ワキガに効果の高いX針電気凝固法

先の電気凝固法は、絶縁された脱毛針を
毛根部に挿入して、
一定の電圧の力でアポクリン腺の一部を
焼却・凝固することで、
アポクリン腺の機能を低下させ、
結果的にワキガ臭を抑えると言う方法でした。

しかし、この方法では軽度~中程度以下の
ワキガ臭の人には効果があっても、
中程度以上のワキガの人には、
かならずしも満足な効果が得られませんでした。

そこで、中程度以上の人も「かなり」満足する
効果を得る目的で、
「X針」と呼ばれるワキガ臭専用の太くて長い
針が開発されました。

太くて長いため従来の絶縁針よりハイパワーな
電圧がかけられるのです。

従来の電気凝固法では脱毛の場合と同様に、
毛のあるところから毛根に向かって針を挿入
していましたが、
このX針を使った電気凝固法の特徴は、
腋毛部の端から皮膚表面に平行に皮下組織に
ダイレクトに挿入して、
アポクリン腺を含めて広い範囲の皮下組織を
まとめて凝固してしまう、というものです。

従来な絶縁針がピンポイントの攻撃とすれば、
こちらは広域爆弾のようなものです。

より効果的に凝固することが可能になったのです。

A法B法では、それぞれメリット・デメリットが
ありますが、
B法では脱毛されませんので、
ワキ毛を残したい男性には適切な方法だと
思います。

まず従来の絶縁針で3~5回凝固してから、
B法を1~2回行うことでかなりの効果があがる
ことがわかってきました。

これらの凝固法の最大の特徴は、
やはり傷が残らないということでしょう。

ワキに局部麻酔を行うので痛みもありません。

さらに生活に支障がないということも長所に
あげられます。

極端に言えばその日にも運動や入浴が
可能です。

そして、女性ではA法を3回ほど行うことで
脱毛も兼ねることができます。

電気凝固法で満足するかしないかは、
その人の悩みの強さ、
どの程度までニオイを減少させたいかという
要求水準、そしてアポクリン腋の量との
兼ね合いで決まるといえるでしょう。

完全でなくともある程度まで減少すればよい、
手術だと傷が気になるかもしれない、
という人にはこの電気凝固法をオススメしています。

しかし、現実には電気凝固法を行ったあとで
「やはり気になるので手術をしたい」と
手術法に移行する人はいます。

悩みがかなり強く、ワキガ臭そのものから完全に
解放されたいという人は、
やはり手術法の方が満足度が高いのも否定
できない事実です。

治療前に十分な相談を受けた上で、
治療法を選択することが大切でしょう。

関連記事

  1. お金を増やした後に

    人はなぜ体臭で悩むのか?

    第1章 人はなぜ体臭で悩むのか?■「クサイ」と言われること…

  2. お金を増やした後に

    お金持ちってどんな人?

    【お金持ちってどんな人?】みなさんは「お金持ち」と言うと、どん…

  3. 3秒で女を口説く

    エッチ好きな女性はここを見ればわかる

    第4章 エッチ好きな女性はここを見ればわかる■口と耳の形でわかるエ…

  4. お金を増やした後に

    様々な体臭とその対策

    第4章 様々な体臭とその対策■口臭の攻略法●気になるニオイの1…

  5. 3秒で女を口説く

    アッと驚く女性心理を知っておく

    第2章 アッと驚く女性心理を知っておく■女性に対する免疫力が簡単に…

  6. お金を増やした後に

    自己臭恐怖、多汗恐怖の療法

    第8症 自己臭恐怖、多汗恐怖の療法■自己臭恐怖は手術では治せません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. だからあなたは騙される

    「少しでも安く」があだになる
  2. だからあなたは騙される

    「平常心」がうばわれる
  3. 仮想通貨

    ビットコインの価格を動かす要因④-大きな通貨変動
  4. FX・バイナリーのヒント

    雇用統計でやられない方法
  5. FX・バイナリーのヒント

    FXと行動経済学
PAGE TOP